うつ病の症状顔つき

うつ病の症状顔つきについて私の経験談

うつ病の症状顔つき

うつ病の症状顔つき

うつ病の症状顔つきについて友人に聞かれた時、私は当時、
勤めていた職場のパートの女性の事を思い出すんです。

 

言われてみると、普通ではない、うつ病の症状顔つきだったと今はそう思えるんです。

 

・うつ病の看護師に出会う!
・看護師 うつ?職場を辞めたいと思ってますか?
・気分の落ち込みが激しい
・うつ病 行動がおかしいことについて
・生きるの怖い。不安を消すためのできること。
・人間関係に病む。煩わしい場所から離れられない場合は。
・仕事が辛い。泣く理由は何ですか?
・孤独で寂しい。不安は悪いことではない。
・就職できない。クズだと思ってしまう理由
・うつ病の症状顔つきをしている人も意外に多い。水商売で病む女性が感じていること…。
・うつ病の症状顔つきに注意。婚活に病む日々を悶々と続けているあなたへ…。
・うつになるきっかけ。就職できない。クズだと思ってしまう理由

 

 

うつ病 顔の表情

うつ病の症状顔つき

うつ病の人の顔の表情は第三者から見て、正直、普通と変わりないから、周りも気がつくのに遅れるんだと思うんです。

 

普通に嫌なことがあったり、仕事やプライベートで悩み事があると、誰もが暗い表情をするのは当たり前、

笑顔になれないのは普通ですよね。

 

私が当時の女性の表情を振り返って感じるのは、目の奥から思い詰めている表情というんでしょうか、
暗い顔つきなのはもちろんなのですが、なんて表現すればいいのか悩むんですが、
一点に集中して思い詰めている、これが必ずしもうつ病の症状からなのか、私は医師ではないので確実とは言えないんですが、
私はその女性の他にも何人かうつ病の人に出会って、そう思える部分があるんです。

 

ただ、そのことを知らなければうつ病の症状顔つきとは思わないと私は感じました。

 

現に、うつ病の症状で治療している人がアルバイトできたことがあったのですが、
それを知ったのは数か月後でした。

 

アルバイトに来た男性と、上司が周りに知られないように事実を伏せていた部分はありましたが、
伏せられると気がつかない、「うつ病の症状顔つき」といわれても周りは気がつかないのが現状だと思います。

 

その後、私自身も仕事の忙しさから、こころの病にかかってしまったんです。

 

うつ病目がおかしい

うつ病の人は目がおかしいという人も中にはいますが、上記でもお伝えした印象から、
うつ病の人にはそういう印象を持つこともあるのかもしれないですね。

 

目の奥から悩んでいる、思い詰めている表情がにじみ出ている、
実はこの言葉、私自身が何気に同僚に言われた言葉なんです。

 

その時、私はもちろんですが、自分を「うつ病の症状顔つき」をしているなんて思いもしませんでした。

 

「思い詰めている時間が長い」

 

「あまり表情がない」

 

「聞いたことへの反応が鈍い」

 

このような部分がうつ病の症状顔つきかどうかに繋がるのかも知れないです。

 

うつ病の症状 初期

うつ病の症状の初期の場合は、ホントに自分でももちろんですが、
周りも気がつかないんじゃないでしょうか。

 

「何か悩んでいるのかな?」

 

「何か暗い顔しているな。」

 

きっと、こんな印象じゃないでしょうか。

 

実際、家族や周りで、いつもその人と行動を共にしている人であれば、その人のこころの異変に気がつくかもしれないですが、
それでなければ、きっとそのうち元気になるだろうと流してしまものだと私は思います。

 

自分の体験談から記憶の断片を思い出しながら探ってみると、自分も相手も、何かしらの気づいてほしいサイン、
会話の中でもそのようなメッセージを発していたようにも思います。

 

自分の時は

 

「なんか疲れる」

 

「朝、仕事に行きたくない」

 

「やる気がない」

 

「今日は何にもしたくない。」

 

そのようなことをつい、周りに言ってしまっていたことがありました。

 

それのような言葉を聞いて、周りは当然よく思わないですし、
そのせいで、私は周りから孤立していったのを思い出します。

 

その後、身近な人が気がついてくれて病院に行くことが出来たんですが。

 

うつ病 対応

うつ病の人が周りにいる場合の対応についてですが、特別、気を遣う必要はないと思います。

 

至って普通に接してあげればそれでいいと思います。

 

うつ病の症状顔つきからも分かる通り、こちらが気を遣うとそのことに対し、その人は申し訳ない気持ちになってしまい、
そこからまた自分は周りに迷惑をかけてばかりいるとか、そう言ったネガティブ思考に陥ってしまうんですよね。

 

私自身がそうでした。

 

これはあくまでも私の経験談からで、何かにつけて申し訳ない気持ちになり、
よく周りに謝っていたのを思い出します。

 

その時、すごく気持ちが楽だったのは、

 

「いいんだよ。大丈夫だよ。」

 

みたいな言葉が私はすごく有難かったのを覚えています。

 

うつ病 症状 チェック

もしかするとあなた自身、「うつ病の症状顔つき」をしているかも?と悩んでいるのでしょうか。

 

日々、思い悩むことがあって精神的にキツイことが多くなって、からだというか健康の観点から、

 

「何か体調不良が続いている」

 

「いつもカラダがダルい」

 

みたいなことが続いているのであれば少し注意した方が良いかも知れないですが、
そうじゃないのであればあまりネガティブに考えない方がいいですし、
自分の顔をうつ病の症状顔つきをしているんじゃないか?みたいには思わない方がいいです。

 

気持ちが落ちている時にネガティブなことを考え出すとキリがないですし、
出来るのであれば、笑顔になる方法、ポジティブになる方法を見つけるほうがいいです。

 

趣味でも恋人でも、アニメでもアイドルでも何でもいいと思います。

 

自分の気が休まることを考えてください。

 

私の場合は映画と音楽でした。

 

うつ病の治療。

仮にあなたが「うつ病の症状顔つき」をしていて、それについての治療を考えるというのであれば、
一度、心療内科などに行き、医師、病院の先生に相談してみるというか、話を聞いてもらう様な気持ちで、

近くにあるのであれば行ってみるというのも一つかと思います。

 

先生に話を聞いてもらった結果、それは「うつ病の症状顔つきではない」と分かればそれはそれでいいですし、
その兆候があるということになれば、これからどういう風にしていけばいいか、日々の生活も含めて相談してみると良いと思います。

 

まだ何も分からないのであれば自分をうつ病の症状顔つきかもとか考えず、
もう少し様子を見ながら焦らずにゆっくり行動してみるというのはどうでしょうか。

 

一言で「うつ病の特徴」とか「うつ病の行動パターン」とか、あるいは「うつ病の症状の段階」などは、
上記でもお伝えしましたが自分や周りは分からない人の方が多いと思います。

 

自分ではどうすることもできない、どんな病気もそうだと思いますが、なった人にしか、この辛さは分からないと思います。

 

うつ病の特徴、見た目についてもそうだと思います。

 

まわりになったことのある人がいて、その人から何か指摘された場合は注意してみたほうがいいですが。

 

私は、過去に軽かったみたいですがうつに悩み、改善した人から指摘をされて、それを素直に聞くことが出来たんですね。

 

本当に私はツイてました。

 

「うつ病の症状顔つき」について参考になれば嬉しいです。

 

うつ病 症状 初期の私の振る舞い方

うつ病の症状の初期と言えるのか分からないですが、あくまでも私の個人的な感想なので、参考にならないかも知れないですが、
私は職場で、とにかく周りに気を遣うのが止められなかった、
これは医師の受診を受けて、うつ病という診断結果が出る間際の私の行動なんですが、過剰に周りに話しかけにいき、
当時、職場の中心にいた私は、スタッフ全員に悪い点はないか、陰でいろいろ不満を言われるより、
直接話してもらった良いという考えから、その行動が止まらなかったのを思い出します。
私に対するかけ口が出るのが嫌だという思いからだったと思うのですが、
常に周りの人の顔色をうかがうようになっている場合、注意が必要かもしれないです。
私は当時を振り返ると、診断されるかなり前からうつ状態になっていたような気がします。

 

充実した人生からの転落。残業100時間越でうつ病に

もしかするとあなたも私のように、残業の日々に体調と精神状態を崩し、
うつ病になってしまったのでしょうか。

 

私は20代、30代は仕事もホントにプライベートも本当に充実していて、
その頃の私を振り返ると、うつ病、心の病、あるいは統合失調症など、
周りの人にはかかってしまって大変な思いをしている人は居ましたが、
自分とは無縁だと、常に考えてました。

 

それが40代に入るころ、長年勤めていた会社の経営者が変わり、
そこから職場は疲弊していきました。

 

派遣社員を8割近く採用し、そこから良い人材を正社員にという流れが一転、
派遣で頑張っていた人達を半分以上リストラし、当然のように会社は人手不足になり、
管理職までも会社の方針と合わず退職する人間もいたり、職場の中は滅茶苦茶でした。

 

当たり前のように残った社員で残業しなければ仕事は終わらず、
残業を強制しているわけではないといいつつサービス残業の日々、残業問題は今でこそうるさくなり、
変わりつつありますが、その頃は残業手当が支払われないのは当たり前みたいなところがありましたから、
最初は皆、

 

「会社に骨を埋めるんだから頑張ろう。」

 

みたいな話をし、いつかよくなると信じ、奮起していましたが、その兆しは全く無く、
社員スタッフ全員の心が疲弊していき、最終的にはお互いがお互いをののしるようなこともありました。

 

それでも私は、本当はいくらもらえているのかな?と自分で支払われないサービス残業の分を計算したりしながら、
どうにか精神を乗り越えていたのですが、問題が起きて半年ぐらい経った頃でしょうか、
やはり心がパンクしてしまいました。

 

残業規制は月に20時間を限度にという話だけで、いくら上司、あるいは社長に直々にみんなで伝えても改善されず、
どう考えても20時間で終わるわけもなく、

 

「20時間がが限度ではなく、月に20時間しか付けてはいけない」

 

が正解のような環境でした。

 

病気だけが理由ではないですが、結局わたしは20年近く勤めた職場を退職、
他の仕事に就きましたが、今当時を振り返って思うのは、なぜあんな劣悪な環境に我慢していたのか?
仕事が無くなったら困るから?あるいは長年勤めていた職場へ愛社精神から?それとも一緒に働く人間の事を考えてか?
そのすべてが当てはまったとしても、こんなになるなら早く辞めればよかったと、それしかないです。

 

クローズアップ現代からの情報

今や日本はうつ病患者が100万人を超えているんだそうです。

 

一番辛いのは抗うつ薬が効かない、再発を繰り返す人が多いことだと思います。

 

私の友人も再発している人が何人もいます。

 

自分の周りに数人いるということは、全国ではすごく多いということだと思います。

 

しかし、今年の6月から再発を防ぐための新たな治療法が保険診療に加わったそうです。

 

「TMS:経頭蓋(けいとうがい)磁気刺激」です。

 

うつ病は思考や意欲を司る背外側前頭前野(はいがいそくぜんとうぜんや)の働きが低下している。
TMS治療をすると、働きが活発になり、働きが改善することが分かったそうです。アメリカの調査では抗うつ薬が効かない患者の
3割から4割に改善効果が認められているそうです。

 

抗うつ薬を使っても約3分の1の患者のさんはうつ病がよくならないことが報告されているそうですが、
そういう抗うつ薬がなかなか効かない患者さんに対して治療効果が期待できる治療なんだそうです。

 

一回の治療時間は10分から40分くらい。これを週五回×6週間、30回おこなうそうです。

 

背外側前頭前野(はいがいそくぜんとうぜんや)とは別に扁桃体というものが関係していることが分かっています、
そこの部分は喜びや不安など感情を司る場所らしいです。うつ病はその部分が過剰に活動して不安を感じやすくなっているんだそうです。

 

保険適用できるのは難治性うつ病ということで、軽症のうつ病、他の病気に伴ううつ病は適用外。

 

うつ病から解放されるとクオリティオブライフ。人生、生活の質が上がる

 

福祉サービスが注目されている。全国に3000箇所以上ある就労移行支援事業。仕事に就くまでのサポート。さらに就労定着支援事業も始まった。

 

さらに詳しい内容はこちらを参考にしてください。
→ https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4309/index.html

婚活 病む婚活に病む女性はかなり多いようですので、あなたがもしも、そのうちのひとりだとしたら、そのあたりはあまり気に病まない方が良いと思います。結婚については採取的には縁だと思いますし、年齢に不安を抱える女性も多いですが、婚活のために相談所などを利用する人、合コン、お見合いなどで、良い男性に巡り合え...

就職 できない クズ就職できないからって自分をクズなんて思うことはないです。今ちょっと苦戦しているだけで、諦めなければ必ず良い職場に巡り合えますし、またそういう職場があるからどうしても行きたいわけではないハローワークなんかで妥協して見つけたけた会社には縁がないんだともいます。会社の大小は分からないで...

水商売 病む水商売に病む女性は多いと思います。私の友人も水商売をしていることに病むことがあると話していたのを思い出しました。彼女が結婚するまでは、一見華やかそうなキラキラ状態に見えるんですが、どこか躁うつを繰り返していたようです。キャバクラのキャバ嬢の仕事も日々、お客さん相手の営業のようなところもあ...

孤独 寂しい 不安孤独で寂しい、不安な気持ちになるのは、きっと、あなたの中で何かあったんですね。最近色々な出来事があり、心にぽっかりと隙間ができてるような近似ではないでしょうか?でも孤独を感じるのは、人の温かみを知ってるということなので、あなたは優しい人だと思いますから、またすぐに孤独で寂しい、不安...

仕事 辛い 泣く仕事が辛い。泣くことが多くなったのではないでしょうか。仕事をしていると、男性も女性も関係なく、会社、職場の上司へのストレスとか、そのほかにも人間関係のストレスなどもありますし、誰でも一度は転職、退職の気持ちを持ったことはあると思います。そのような部分から仕事が辛いと感じたり、泣くこと...

人間関係 病む人間関係に病む女性はとにかく多いですよね。色々な人間関係がありますが、職場の人間関係、ママ友との人間関係、近所の人間関係、煩わしいのは私も嫌いです。私もそうでしたし、私の周りにも人間関係に病むといますか、それで苦しんでいる人を数知れず知っています。仕事の人間関係って本当に独特だと私は思...

生きる 怖い 不安生きるのが怖いという不安。、独りで生きていかなければならないのかも…。という不安は、もしかすると、いつか生活出来なくなるのでは?という不安よりも大きいかもしれないです。私も生きるのが怖い不安は正直つねに持っているかもしれないです。生きるのが怖い不安は生きていく不安より、独りでいる不...

うつ病 行動 おかしいうつ病とはその時は分からなかったのですが、友人の行動がおかしいと感じたことは確かにありました。以前、一緒に仕事をしていた友人の話なのですが、ある時期から遅刻、早退、無断欠勤を度々するようになりました。私はその時、友人と同じ部署にいましたから、最初は周りにごまかしながらもカバーし...

気分の落ち込みが激しい気分の落ち込みが激しい男性がある日、私の会社に入社してきたんです。入社と言っても派遣社員の方で、派遣会社から男女合わせて5人、新部署設立のための採用でした。30代前半の男性で独身、ものすごく柔らかい感じの人で、人辺りも良く、背の小さい、優しい感じの人でしたので、部署内でも皆と仲...

看護師 うつ第一歩は踏み出せたあなたなら大丈夫。看護師転職サイトを比較。精神的な理由での退職ほど悔しいものはない…。精神的な理由で退職してしまい、今までの自分を責め、退職したことを後悔したりしていないでしょうか。もう一度看護師として一からやり直したい、つぎの就職活動について考えたとき、教育をしっかり...

page top