看護師 居場所がなくて笑えなかった私が境界線を引けた理由

看護師 やめたい

 

最近笑うことがなくなったことに気がついたのが、
始めに辞めたいと感じた伏線でした。

 

自分では何とか持ちこたえなければ、
みたいな感覚でいました。

 

辞めてはいけない、
辞めてはいけないと心の中で繰り返しながら。

 

しかし、裏を返せば辞めたくて仕方ないのだと、
後に気がつきました。

 

仕事の内容がどうとかいうよりも、
人間関係を上手く構築出来ていないことが、
すべての原因でした。

 

自分の居場所がないことが一番辛いことでした。

 

辞めることは恥だと感じていたので、
今まで頑張ってこれましたが、急に境界線を引いたように、
私はあっさり退職しました。

 

その後も職場を転々とし、やはり苦労しましたが、
今現在、落ち着いているということは、あの時の決断は正しかったのだと思います。

 

同じように思いに苦しんでいる看護師さんの中には、
今だに迷っている方も多いと思いますが、
決断を迫られていると感じるのなら、
考えすぎず、自然に身を任せてみてください。

 

本当は残れるのが一番良いのかも知れないですし、環境を変えるにしても、
後にきっとあなたの力に代わることは間違いありません。

 

今現在培ったものは、後にあなたを助けてくれる力に変わることでしょう。