うつ病 顔の表情

うつ病の顔の表情。こんなことを他人から言われたら。

うつ病 顔の表情

うつ病 顔の表情

うつ病の顔の表情について、親せきがうつ病になったことで、
私は最近、それを身近に感じているんです。

 

うつ病の顔の表情については軽度の人の場合は見た目では分からないことが多いようですが、
私の親せきのように重くなってしまうと、何を話しかけても反応がない、目線はこちらにやるけれども無表情というか、
覇気がない、これがうつ病の人の顔の表情なんだと、分かるものです。

 

うつ病の顔の表情。職場の人の表情。

うつ病の顔の表情として、職場に何人かこころの病の症状に辛い思いをしていた人がいました。

 

しかし、軽度の場合、ただ元気がないとか、やる気がないとか、そういう風に見る人も中にはいて、
まわりからは表情で病気について気づいてもらえるというのは難しい気がします。

 

ヘルスチェックは年に1度しますが、
メンタル、ストレスのチェックはしてくれるところはまだまだ少ないんじゃないでしょうか。

 

うつ病の顔の表情。顔色が良いと言われたら。

仮に自分がうつ病、顔の表情が暗い状態だとしても周りの誰かから、

 

「顔色がいいね。」

 

みたいなことを言われたりしたら、良くなってきていると前向きにとらえたほうがいいです。

 

そう言われた時は、自分で鏡を見ても分かると思いますが表情も出てきたりとか、
いつもより行動もイキイキしている印象を周りが持ち始めたんだと思います。

 

うつ病が顔の表情に出てしまっている場合は、表情が無くなりますし、
常にボーっとした感じがあるんですよね。

 

ただ、そう言われても決して無理をせず、医師の治療を受けている場合は継続し、
完全復帰に向けてゆっくり穏やかに過ごすことを心がけてください。

 

そのまま頑張ってしまって元に戻ってしまう人も少なくないようです。

 

うつ病が顔の表情に出ていることが分かる人はわかる。

うつ病が顔の表情に出ている場合、たとえば精神科医の先生など、分かる人にはわかるものだそうです。

 

私も自分がうつ病になってしまった後は、だいたいですが、見ると何となく分かる場合もあります。

 

うつ病や双極性障害など、顔の表情、あるいは目線などでも分かるんですよね。

 

自分もそうだったんだと思いますが、目線をそらした時、うつむいた時の斜め45度の表情というんでしょうか、
それが普通トラック違う表情の暗さというんでしょうか。

 

うつ病もカラダが疲れてる時と同じように、顔の表情に出ます。

 

また医師の先生は、顔の表情だけでなく喋り方、言葉の内容、
声の震えとかで診断していると思います。

 

私も言われたんですが、口の中で話している状態とか、
言葉の内容については暗い話、自分はどうしてこんな状態なんだろうみたいなことをよく言うので、
その部分に関しては友人にも精神状態が普通じゃないことが、最終的にバレてました。

 

うつ病かどうかはちょっとおいておいて、何か不安なことがある場合、
誰かに自分の顔の表情を確認してみるというのも、心の病を未然に防ぐ一つの方法なのかもしれないですね。

 

かりにうつ病によって顔の表情が曇ってしまっている場合、これは私の経験からですが、
たとえばですが、時々言葉が出ない、呂律が回らないみたいな何らかの障害が出ている場合もあります。

 

 

page top