うつ病の人の話し方

うつ病の人の話し方と嬉しい言葉

うつ病の人の話し方

うつ病の人の話し方

うつ病の人の話し方に特徴があるとするなら、それは自分の事をたくさん話したがると思います。

 

とにかく自分の話を聞いてほしい、なぜうつ病になってしまったかというと、
たとえば職場の人間関係が原因でそうなってしまった場合、自分の話を聞いてくれる、
相談できる人が周りにいなかったからだと思います。

 

話を聞いて、自分を理解してくれる人が一人でもいたのであれば、たぶん、うつ症状が出てない可能性もあると思います。

 

うつ病の人の話し方。自分を分かってもらえる幸せ。

うつ病の人の話し方は時に、こちら側からすると、

 

「愚痴ばかり言って情けない」

 

とか、

 

「自分を擁護するような事ばかり言って聞いてられない。」

 

みたいな気持ちになることもあると思います。

 

それでもうつ病の人の話し方を受け入れて、会話をしてくれるとありがたいかもしれないです。

 

少なくても私がうつ病になってしまった時、誰かにずっと話を聞いて欲しかったですし、
無理なのはわかっていますが、誰でもいいので会話したかった、自分の気持ちを分かって欲しかった、
周りに分かって欲しかった、そんな気持ちでいっぱいだったと思います。

 

それなのに

 

「どうして周りは分かってくれないのか?」

 

みたいな感情から鬱になってしまった…。

 

そういうとことはあると思います。

 

うつ病の人の話し方。弱い、情けないこと言動。

みんながそうではないにしても、あまり自分から自分の弱い気持ちみたいなことを誰かに伝えるようなことは、
日々の生活の中でほぼ無い人の方が多いのではないでしょうか。

 

こころが辛いとか怖いとか、子供が親に言うようなことを大人になってから、
家族以外の他人に言うなんてことはあんまりないですよね。

 

大親友や恋人など、信頼できる相手、こころを許せる相手がいる場合はそう言う弱い部分も見せられると思うのですが、
通常はそう言う部分を他人に見せるのは難しくないですか?

 

うつ病の人の話し方としてこれは私の場合ですが、自分の辛い気持ち、弱い気持ち、未来への不安、怖さみたいなことを、
誰かに聞いてほしくてしかたがないというか、とにかく自分の気持ちを聞いてほしい、
その想いが強い、悪く言えばそういう圧が強い?このような部分がまわりから煙たがられるというのはあるかもしれないですね。

 

私がうつ病の人の話し方をしていたとして、その時に、私が会話を求めようとしたら逃げられたりとか、
ほぼ仕事の事だったんですが、また今度みたいな、話をすり替えられたり、しかし部署の長として、
仲間のために早急に解決しなければならないと考えている気持ちとのズレがあったんでしょうね。
会話にならず、やがて話せなくなってしまった。

 

思い出すと本当に酷い時間でした。

 

うつ病の人の話し方 嬉しい言葉

なのでうつ病の人の話し方を受け入れてくれる人が見つかった時、
じっと話を聞いてくれる人が近くにいる、見方がいると知った時は涙が溢れるんですね。

 

何でもない言葉、「大丈夫」とか、「焦らなくていい」「自分のペースでいい」など、
ものすごく甘い言葉に聞こえるんですが、それにものすごく救われるんですね。

 

うつ病の人の話し方を受け入れてくれる人の言葉はものすごくうれしい言葉なんですね。

 

その意味でわたしにとってのうつ病の人の話し方を受け入れてくれる人は誰というのは明確で、
やはり心療内科、精神科の先生だったりするんですよね。

 

あるいは自分がうつ病の人の話し方をしていると気づかせてくれるのも先生だと思いますし。

 

何を言いたいかというと追伸として、自分がもしかするとうつ病の人の話し方をしているのか不安な場合は、
早めに受診したほうが良いと思います。

 

何もなければそれでいいんですから。

 

うつ病の人の話し方
うつ病の人の話し方

▼消えたい|眠れない|薬や医師が合わない|あなたの笑顔の力

 

 

→ 好きなコミュニティで好きな人と繋がれる【ciel】

page top