引きこもり 病む

引きこもりに病む。中年の子供を持つあなたへ。

引きこもり 病む

引きこもり 病む

引きこもりに病む。子どもが心配なあなたへ、引きこもりの経験がある私が言えることがあるとするなら、
あなたのお子さんも、間違いなく、今の状況を変えたいという気持ちがあるのは間違いないと思うんです。

 

しかし、自分が思ったように事が運ばない、何度も頑張って、それでもダメで戦意喪失してしまっているだけなのかもしれないです。

 

いくら頑張っても結果が付いてこない、もう頑張ってもしょうがないということで引きこもりになってしまう場合が多いと私は思うんです。

 

そのウチ、家にこもってばかりのため精神的に病む、だんだんと気が滅入ってくる、これが引きこもりに病む構図というんでしょうか、
メカニズムと言うんでしょうか、これをどうにかしようとしてもすぐには難しかったと、私は自分を振り返って思うんです。

 

引きこもりに病む中年の子供について。

引きこもりに病むとくに中年の子供がいる親の悩みというのが問題になっていますよね。

 

なぜ引きこもりになって心が病むような状態になってしまったのかを考えて、思い当たることはないでしょうか?

 

中年の場合は特に、仕事が決まらない、意欲があるのにいくら面接に行っても採用されない、そのうちお金も無くなってくる、
お金がないから遊びにも、息抜きも出来ない、外に出られない親にお金をせびる、引きこもる、こういうパターンに陥って、
ひきこもりになってしまうというのも一つあると思います。

 

私もいくら就活しても採用されないということから引きこもり状態になり、1年近く心が病む状態が続いていました。

 

その後、仕事がようやく決まり、また一歩ずつ前に進めるようになったんです。

 

引きこもりに病むお子さんをどうにかしたいという気持ちが強くても、
こればっかりは本人がやる気を出さなければどうにもならない部分はあるんですよね。

 

無理やりどうにかしようとしても、お子さんの方が「反抗する」「キレる」といった行動になるかと思います。

 

その理由は、本人もどうにかしたいと考えていても、どうにもならない部分が今だからです。

 

それでも、歯を食いしばって収入がなくても何かを目標に頑張っているんだと思います。

 

たとえば仕事を探している形跡があるのであれば、見守ってあげるというのも一つだと思います。

 

引きこもりに病む。子供をどうしたらいか分からない

引きこもりの子供について病むお父さんお母さんは多いと思います。

 

しかし、自分たちではどうにもできないというのがあるのではないでしょうか。

 

その場合は、やはり引きこもりについて病む人をケアするような機関などがありますので、
そういったところに相談に行ってみるというのも一つかもしれないですね。

 

それも一つですが、引きこもりにあなたの自身も病む事がないように、誰かに今の状況を相談したほうがいいと思います。

 

自分だけで抱えていると本当に苦しいですし、引きこもりについてあなた自身も病むようなことがあれば、
さらに家族の心配事も増えてしまうのではないでしょうか。

page top