就活 病む

就活に病む。就活ルール廃止検討の効力は。

就活 病む

就活 病む

就活してると精神的に病むことってありますよね。

 

私も正直ありました。

 

就活ルール廃止検討はどう左右するかは分からないですが、学生にとっては重要なことですよね。

 

効力はやる前からは何とも言えないですが、私は五十歩百歩な気がします。

 

真剣に探していればいるほど、相手から面接などで心無い対応を取られたりするんですよね。

 

就活で病むというより、私の場合、ある時は何でこんな人生なんだと呆れて笑ってしまう時もありました。

 

かなり就活のせいで病むというか、人生諦めていた時期もありましたね。

 

就活に病む。面接でグダグダ言われて落とされるくらいなら。

就活に病むような日を考えると、一つの事に執着しているいたような、そんな体験を思い出しました。

 

就活最中にメールとか、企業から書類選考を通過して、やる気になっているにもかかわらず、
いざ訪問して面接などを受ける場合、

 

「この人たち私に就職の内定を出す気、最初からないのでは?」

 

と思ってしまうような対応をされた時、もう就活なんてしたくないみたいな気持ちになり、
そんな気持ちになって病むことが多かった気がします。

 

その日のためにせっかく少しでも印象を良くするために髪型、マナーとか、私は私なりに一生懸命頑張って勉強していったにも関わらず、
酷い対応、採用する気がないなら書類選考も通さなくていいんですよね、時間の無駄だし。

 

それでも最近の大学の学生は就職がしやすいとか人材が居なくて活動しやすい、採用されやすいなんて言われていますが、
そうじゃなくて、自分の思うような企業に巡り合えない、あるいはそう言うところに巡り合えたけれど不採用にされたなど、
就活で病む要素って、たくさんありますよね。

 

私も感触が良いところで働いてみたい企業に限って不採用で、あんまり行きたくないようなところから内定をもらったり、
選ばれないと自分の自信が無くなっていきますし、でも、上手くいったら一気に自信がでる。

 

やっぱり人生がかかっていますからね。

 

就活に1回は病む!

就活に誰でも1回は病むものだと思った方が気が楽かもしれないですね。

 

とにかくESを出さなければ選考も受けられませんし。

 

ESにも絶対の正解なんてないですし、もちろん面接も。

 

感触が最悪でも受かったこともありました。

 

最終的には恋愛と一緒で縁だけなようにも私は思います。

 

就活で誰でも一度は病むものですし、数十社受けているの人が普通だと考えたほうが良いかも知れないですね。

 

自分だけが落ちこぼれている感覚を持ってしまうと、それこそ、就活だけではなく、他の部分からも病むことになります。

 

就活に病む人が普通、この考えをもってトライし続けるしかないのではないでしょうか。

 

就活に病む日々が報われる日も近いと考えてください。

 

page top